【レポ】銀座三越「みやこ土産」終了いたしました。

 
こんにちは!

昨晩、帰京したさとうです。
5月1日より7日間、銀座三越さんにて開催させていただきました「みやこ土産」
無事終了いたしました!

Japan Editionという、和雑貨を取り扱うスペースでの出店で、
周りは高価な工芸品などが並び、今までとはまた違った空気の中での出店となりました。


その中に並ぶ商品たち。
ちょっと、、いや、やっぱり浮いてる。笑


普段のkara-Sショップでは、接客を積極的にはしていないので、
たまに噛んだりしましたが、一生懸命商品について説明すると、
ゆっくり聞いてくださるお客さまがほとんどでした。



また、京都のお店の紹介をすると、ココン烏丸を知っている方が沢山!
京都にも、年に3回来られる方などもいらっしゃいました。

リニューアルした新しいkara-Sにもお越しいただきたいな〜!

銀座は初めて行きましたが、りっぱなウインドウディスプレイがあったり、
好きなメーカーさんの実店舗を偶然みつけたり、
連休中は人がとても多く、活気がありました。

お店番以外の時間には、いろいろな展示やショップを回ったり、
作家さんとお会いしたり、とても刺激をもらえました!
今後に活かして頑張ります。


出店いただいた、作家のみなさま、三越のスタッフさん、
お越しいただきましたお客さま、
そして、今回お誘いいただきました東京キッチュさん!
ご協力、フォローいただき、本当にありがとうございました!!

つぎ、また東京でもいろいろできればと…!思っております〜!

さとう


【レポ】 ZUURICH presents THE FOOLS MART 代官山Aquvii

 
こんにちは!久々の更新です。
今月9日〜15日まで、 ZUURICH東京初出店となる、ZUURICH presents THE FOOLS MARTが開催されました。
本日は写真多めで、全貌を明らかにしたいと思います!


場所はいつも大変お世話になっております、Aquviiさんのショップ。
代官山と渋谷の真ん中くらいにあります。
こちらの2階のギャラリーをお借りしての開催です。看板も素敵〜!


前日入りで設営!
きれいな壁紙と赤い絨毯! 隠し扉なんかもあって、素敵過ぎる空間!!

実はこの日の朝から、わたしサトウの体調がすこぶる悪く、(笑)
東京に着くなり、病院にお世話になるという失態。
みなさま、ご迷惑おかけしました。。。

そのため、元ZUURICHメンバーの皆には本当に沢山手伝ってもらいました。
ありがとう〜!感謝です!!


全体!こんな感じに仕上がりました。



階段上がってすぐにTSUCHIYA MIKUのバッグ!
シルクスクリーンで多色刷り、縫製もすべてご自身でされています。
左下のバッグは私も愛用中!しっかり入って、かわいいし使いやすい…!


こちらは、Aquviiさんのアンティークの棚をお借りして、アクセサリーを。
plying、ma、teachersが並びます。


こちらは、Aackの刺繍ブローチ。
中でも、偉人シリーズが注目されていました!


こちらも新作沢山のkotenra。
絶妙な色味と質感が素敵です!


aosansyoのブックカバー、ポーチ、タイツ。
ブックカバーは春色が登場!
会期中に来てくれたaosansyoさんがこのタイツを履いていて、とてもお似合いでした!


chankaeのアクセサリー。
これからの季節にぴったりのヴィンテージボタンシリーズも人気でした。
大きめのネックレスも新登場!


grass poolのキーケースやペンケースもカラフルに勢揃い!
上の段にはペットボトルの寝袋(ペットボトルホルダー)も!!


teachersのポーチやカードケースなど。形、大きさが豊富!
用途によって選べて嬉しいですね!



そしてこちらが、私サトウのszö(スー)より、hoppeポーチも参戦!
お客様や、東京の作家さん方に見ていただける、良い機会でした。



そして、今回、ZUURICHプロデュースの新商品、ショットグラス!
デザインは、前回制作したバンダナと同様の岡村優太、NAZE、西雄大の3人!


中に入れるとイラストが浮き上がって、このように!


FOOLS MARTのステッカーも作りました。
11種類11枚入り!


友人がさっそくスケボーの裏に貼ってくれました。
イケイケじゃーん!


表のウィンドウにはバンダナとショットグラスを飾らせていただきました。
Aquviiのネオン管素敵だったなぁ〜。



13日には西雄大のライブペイントも開催しました!


前日に下地を塗ります。おおきなパネル!


表のウィンドウの所で描かせていただきます。
お天気にも恵まれて、最高のライペ日和!!


13時きっかりからスタート!!




通りの反対側から。。


これは、、激しく波打つ腕と脚!
西くんといえば人を描くイメージがありましたが、今回は人でなかった!


画材もたくさん!京都から遥々ありがとう!


みるみるうちに仕上がっていきます。


すごいきれいな縁取りの線…
うさぎの前歯がかわいい。。



完成間近!吹き出しが出現!


今回の催事のタイトルTHE FOOLS MARTの文字が!
さすが〜



暗くなりかけたころに完成!
西くん、ほとんど休憩も入れずに描き上げました! お疲れさまでした〜!!


翌日からはこのように、2階にて展示させていただきました。
照明がちょうどいい感じ!



本日の主役。
西くん、すてきな絵をありがとうございました!!


はっ!


こっそりこんなところに…!




今回の東京出店、大学を卒業してもう3年が経ちましたが、
東京で頑張っている同級生や、お世話になっている作家さん方、
尊敬できる沢山の方々に見ていただき、お話させていただけて、
充実した時間を過ごせました。

そして、こんな素敵な場所をお貸しいただいて、
細かな所まで気がついて対応していただいたAquviiのみなさま、
お世話になりました!ありがとうございました!!


5月1日からは、京都のkara-Sショップがリニューアルオープンいたします!
同時に、またしても東京は銀座三越にて、1週間出店いたします!
どひゃーと、盛り沢山!!

それぞれの詳細はまた後日、お知らせ致します!
新しいショップも徐々に姿が見えてきました。
きっと、すてき空間になること間違いないんじゃないかと思います。

お楽しみに!!

サトウ


阪急うめだ出店の振り返り-その2イベント篇-

 
こんにちは!今回は先日に続きまして、
リニューアルオープンされたばかりの阪急うめだ本店さんの9階ARTSTAGEで開催した、
ZUURICH企画「Young Artist Marche 〜ゆく年サンセット / くる年サンライズ〜」
年始のご報告です!


年始からもお客さんが沢山きてくださいました!年末とレイアウトチェンジしております。
年始からは、いろいろなイベントも開催しました。

【イベント】

■1/2()「だるま商店 福描だるまライブペイント」
京都を代表するグラフィックアートユニット「だるま商店」が、横幅10メートルの大壁画に、
新年を祝うめでたいライブペインティング。


■1/4()nacco オートクチュール刺繍実演販売」

刺繍作家naccoによる、なかなかお目にかかる事の出来ないオートクチュール刺繍の実演。


■1/5()「岡村優太×ZKNW×西雄大 新年明けまして一発ライブペイント」

関西のアート・カルチャーシーンで注目株の3人のペインター、岡村優太、西雄大、ZKNWが、だるま商店と同じく10メートルの大壁画に、この3人でしか生み出せない刺激的でファンキーな描き初めライブペインティング。


■1/6()manmosワークショップ カラフルブローチをつくろう」

関西各地のショップやギャラリー・カフェで、モノ作りのワークショップイベントをし精力的に活動をしているmatsugemonteによるユニット「manmos」の出張スペシャルワークショップ。



では、それぞれ写真とともに振返ってまいります!


■1/2()「だるま商店 福描だるまライブペイント」



正面には、だるま商店さんのめでたい「七福神ゆのみ」とZUURUCHとのコラボ商品「御遊七福神」のポチ袋が!


一つ一つ、手描きで制作されています。受注生産!!


そして、お着物にハット姿が素敵な方は、だるま商店の島さん。
今日もキマってはります!


そして、だるま商店の絵師、チッピさん!艶やかなお着物!ライブペイント用だそうです。
素敵〜!!

さっそくライブペイントスタートです。


黒の下絵は墨で描かれています。

背景はめでたい金!!



チッピさんの背中…



そして、島さんのウインク!笑




壁側にあった商品も移動しております。

オガサワラミチ(左) 佐川綾野(中) GABGAB(右)



matsuge(上段)hossynackkie(下段)




会期中は作家さんたちも応援にきてくださいました!

写真は、ドロップスのアクセサリーが人気のかしましおめかしさん!

作風とぴったりのすてきなファッションですね!




ライブペイントのほうは、色が着いてきました。

10メートルを写真に収めるのは難しい…



チッピさんが絵の具をお椀で溶いてはりました。

だるまさんっぽい!



ずらーっと並んだのは、七福神!

衣裳に模様が入っていきます。この模様は、それぞれの持ち物を。

鯛を持っているのは、恵比寿さんですね!



女性である弁財天さんは、ひと際華やか!





閉店10分ほど前に完成!!!

だたの七福神ではなく、阪急沿線や阪急の歴史もふまえた大作です!



最後はチッピさんのラインダンス!(宝塚歌劇の由来で…)


朝から晩まで飲まず食わずで、精魂込めたライブペイント。本当にありがとうございました。

だるまさんとこのようなイベントをご一緒できて、本当に光栄です!!


==========================================


■1/4()nacco オートクチュール刺繍実演販売」



naccoさんは、オートクチュール刺繍の中でも、リュネビル刺繍という技法で

制作されています。



刺繍台は組み立て式。

日本には売っていないそうで、こちらは、フランスで入手されたそうです。



刺繍大にはオーガンジーが張ってあって、そこに刺繍していきます。



細か〜い作業。



お客さんもいろいろ質問されていました。刺繍を始めたいと思っている方も多いようです。

改めて制作過程を見てみると、いっそう素敵な商品にみえてきます。

やっぱりこれだけ手がかかっているのかと。 naccoさん、ありがとうございました!


=======================================


■1/5()「岡村優太×ZKNW×西雄大 新年明けまして一発ライブペイント」


クリスマス前の時期にkara-Sでライブペイントしてもらったメンバーです。

今回はどんな作品に仕上がるのか…!







後で聞いた話ですが、この3人が描いているのをみて、お客さんが

「あ、なんや日本の人か。」といっていたそうです!笑

色もカラフルで、賑やか!ねこがちょこちょこいるのが気になる…。





3人の名前が!!



10メートル!本当に広い広いスペース!絵によって、売り場の印象も変わります。

今回も3人らしいファンキーな仕上がりに!

素敵な空間をつくっていただき、ありがとうございました〜!!


ご挨拶と阪急うめだ出店の振り返り-その1-


こんにちは。


もう2013年124日です。2013年一発目のズーリッチブログです。

今年も皆様どうぞよろしくお願いします。


「君たち新年なってから何をしてたんだ?」ってぐらいに、色々と報告が遅くなっています。

昨年一年の振り返り、今年一年の抱負を、今さら語っても響かないと思うので、、、


せめて、昨年末の12月26日より年を越して1月8日まで、

昨年秋に新装リニューアルオープンされたばかりの阪急うめだ本店さんの9階ARTSTAGEで開催した、

ZUURICH企画「Young Artist Marche 〜ゆく年サンセット / くる年サンライズ〜」の事をご報告させてください。



過去に経験した事のない、広いスペースでの企画出店でしたが、無事にやり終える事が出来ました。今回のイベントをやり遂げ、ちゃんと結果を残す事が出来たのは、とても自信につながりました。


今回の話を振ってくださり、僕らの無理な要望にも応じてくれた阪急うめだの深井さん、

プロフェッショナルで心の温かいARTSTAGEのスタッフさん達、

僕らの急なお願いにも、いつでもフォローの姿勢でいてくれた出品作家さん&ブランドの方々、

準備の段階から、一度も弱音を吐かずに動いてくれたZUURICHインターン生のhaveちゃん、

今回のイベントをバックアップしてくださった関係者の皆様に、大大大感謝!


それでは、写真と共に振り返っていきたいと思います。







25日、クリスマスの夜なのに、たくさんの作家さんが設営のお手伝いに来てくださいました。



設営は夜通し行われました。夜食中。和気あいあいと学園祭前日みたいな。



オープンまで残り2時間、やっと大方の設営が終わって、疲れ果てている自分。



各ブース、立派にディスプレイされています。

sometae(画面右)とヤブイヌ製作所(画面左)



the teachers



szoの第一弾商品「hoppe」



SOMARU



poetoria



plying(画面手前)とcodomical(画面奥)



モリタ製パン所のパンプシェード



革を使ったアクセサリーや小物を作っている、nonoと21%



ma(画面左上)とchankae(画面左下)



itonobrooch(画面左)とcodomical(画面右)



MIWA NAKAZAWAのHOTBEAMも初お披露目!

ZUURICHも商品化から一緒にやらせていただいている商品。



DAISAK(画面手前)、今回もインパクトのある作品でした。


総勢50組以上のブースが並びました。

写真があまり撮れていないので、参加していただいた作家&ブランドの一覧とリンク貼ります。


【参加作家&ブランド:出店ブース一覧】

だるま商店「福寄だるま」

szo「szo no pack」

gunya“n”gunya「ふゆごもり-冬には恋の唄を-」

・DAISAK「祝 NASA150周年記念」

codomical「cocomical shop」

plying「plying accessory collection!!」

GABGAB「GABGAB×モチネコ」

西淑「かみとぬのざっか」

川瀬知代「川瀬知代のカタチタチ」

山崎由紀子「やまさきゆきこの新春本屋さん」

岡村優太×ZKNW×西雄大「オリジナルバンダナ」

riculi「佐川綾野の切り絵のアクセサリー」

SOTN「SOTN…」

matsuge「matsugeのギョーザSHOP」

the teachers「the teachers GALAGALA rainbow show」

Rocca.hako「Rocca.hakoの紙もの雑貨」

nacco「自分だけのモチーフで、2013年の幸運をつかもう!」

Aack「Aack-刺繍作家あーちくりん-」

かしましおめかし「かしましおめかしのときめきおめかしミニショップ!」

・have「ハヴのユメ」

yukinadesign.「手描きアクセサリー」

itono brooch「糸編みアクセサリー itono brooch」

NONO「FLAT? / nono」

21%「21% accessories collection」

chankae「チャンカエチャン、カエ?」

・ムラタ文具「トキヲヘテ」

kotenra「Listen closely」

・大江志織「おふろ」

poetoria「poetoria -yuca taneda works- 」

高嶋佳奈子「kitchen うつわとその周辺」

sometae「毎日の手ぬぐい」

SOMARU「Tsuyoshi Watanabe」

93+o「ネコダルマルシェ」

kanaexpress「HOP STEP STAMP」

ヤブイヌ製作所「冬眠準備店」

とんぼせんせい「とんぼせんせいのみやげもん」

中谷和世×芝田智恵子×小川文子×田辺桂「器やfuco」

オガサワラミチ「線中毒」

hossy nakkie「ゴリラのゴッさん、うめだ展」

えいふく かよ「ものがたりのとちゅうで」

aosansyo「aosansyo」

モリタ製パン所「モリタ製パン所の年越しパン祭り」

ma「リズムのma」

hokuro「● -hokuro- 寄生虫アクセサリー」

ink「ink」

・だるま商店&ZUURICH「御遊七福神」

・MIWA NAKAZAWA&ZUURICH「HOT BEAM」

 ※順不同




オープン早々からずっとお客さんが途絶えません。

大阪のお客さんはとてもフランクで、楽しそうにお買い物をされるので、こっちも嬉しくなりました。

2013年もやっぱりエンジョイショッピング!



12月31日の大晦日には、年始に向けて、展示、レイアウトの入替。


年始からはレイアウトを変えて、連日会場内でイベントを行いました。

★ご報告-その2イベント篇-へ続く!


ZUURICH 川良




【レポ】小学校の先生たちと消しはん作りしました!

 
こんにちは! ZUURICHの佐藤です。

ようやく秋めいてきましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。
私は秋が一番好きな季節です。
だんだん空気が澄んでいく感じとか、金木犀の香りがすると嬉しくなります。
ご飯もおいしくなる季節ですよね! 食べ過ぎには気をつけなければ…。

さて今回の記事は、まだかなり暑くて、猛暑だった時のお話です。
時間が経ってしまいましたが、ぜひご紹介したい!

みなさん、小学校の頃の先生をおぼえていますか?



7月26日に加古川の小学校にて行われた、美術(図工)の先生たちの勉強会に
消しはんでおなじみ、玉利タマリさんが講師として参加しました。
私もアシスタントとして、お手伝いさせてもらいました!

事の発端は、7月にkara-Sにて開催した消しはんワークショップ
kara-Sのサイトを見てくださっていた安部先生からお誘いただきました。

小学校の先生方は、定期的に勉強会を開いて、
いろいろな技術を身につけたり学んだりして、授業に反映させていくのだそうです。

今回はその講師として参加させていただけるという事で、
玉利さんも少し緊張気味。


初めは簡単な自己紹介とさっそく消しはんの実演です。
一通りの説明が終わったら、いざ、図工室へ!



さっそく作業開始!
ハガキサイズの消しはんに、トレーシングペーパーで下絵を写します。
さすが!先生たちは作りたい図案など、ばっちり準備しておいでです。

しかし、暑かった。
もちろん、冷房なんて付いていません。
先生たちも汗だくになりながらの作業。
ダイエットルームとおっしゃる先生も…笑



一番初めは右下の四角いハンコを作ってもらいます。
このハンコひとつでも上の作品のように向きや色を変えたり、
重ねたりして、沢山遊べます。

「元気なあいさつ 元気な返事」

先生やさしい… やさしすぎる言葉や…
と、玉利さんと感動しておりました。



小学校なんて、しばらくぶりだったので、すごく新鮮でした。
時間が後戻りしたみたいに、懐かしかった。



!!と、よくわからないおもしろ作品が沢山!



よい しせい

若干斜めを向いている気が…



お昼休憩をはさんで、午後からも作業。
先生方は、やっぱり!というほど皆さん器用で、
黙々と彫っていかれます。



こちらは安部先生が以前に作られたはんこ。
持ち手と絵柄がついて、使いやすくなっています!



玉利さんはデザインカッターを普段使いますが、
小学校では彫刻刀を使うので、彫刻刀で作業される先生も。



同じ図案を連続して押して、波のように。



紙とインクもたくさん用意しました。



特殊インクを使ってエンボス加工もできます。
玉利さんがやってみせると、先生方から歓声が!
「これは子供も喜ぶね!」



彫りにくい箇所を上手く彫るコツは玉利さんが手取り足取り。



エンボスは先生方にも好評でした!
黒の背景に白が映えてきれい!



こちらは、着せ替えできるハンコ!
新しいアイテムを彫るのが楽しくなりますね!



こちらには、子供たちに人気のキャラクターが!
「OK」や「見ました」のハンコも沢山!

先生の手づくりのハンコを押してもらえるなんて、
特別感があって、すっごく嬉しいと思います!



こちらの先生は、大きめのハンコで、表彰状型です。
「この作品は ええ!」

アイデアが素敵!デザインも素敵!!



ガラスにも押せるインクを使った先生のいたずら。
子供たちと、窓にいっぱい押したりすると楽しいだろうな〜!
ステンドグラスみたいなこともできそうですね!



最後に先生方から感想をいただいて、玉利さんからのあいさつ。
まる1日暑いなか、お疲れさまでした!


小学校の先生方は、ほんとうに暖かかった。
子供のように笑い、驚いたり、夢中になって制作されている姿を見て、
こちらまで、やさしい気持ちになりました。

普段の環境と全く別のところで、このような時間を過ごせて、
人とのつながりや出会いは、一番大切にしたいことだと実感しました。

先生方と子供たちの素敵な作品が出来ることを楽しみにしています!
私自身、図工の時間が好きな子供だったので、
少しでもそのお手伝いができたなら、とても嬉しいです。

今回、お声掛くださった、安部先生、
ご参加いただいた先生方、本当にありがとうございました!


【レポ】ZUURICH in京都ロフト終了しました!(その2:ライペ編)

 

8月7日〜31日まで京都LOFTさんで開催された、

KYOTOクリエイターズUNIQUE×プレミアムショップ』の期間中は

様々な作家さんによる、ライブペイントもありました。


ZUURICH枠で出演してくれたのは、4名!

スケジュールは以下のように行われました。


811()

13001500  岡村優太 

15001700  西雄大

紹介ブログ


814()

13001500  NAZE

15001700  鮫島ゆい

紹介ブログ



まずは、11日の岡村さんと西さんの当日の様子。



入り口すぐのこちらのスペースで行われます。




上下の4組がZUURICH枠のメンバーです!

1番手は岡村優太さん!



A1サイズって、作家さんからしてみたら結構小さいみたいです。

とくに今回のメンバーは、みなさん大きな作品を描き慣れているので、余計そうなのかな。

イーゼルで収まるサイズですみません!



ギャラリーが。

京都LOFTさんでライブペイントをするのは、初の試みだそうです。

お客さんも新鮮ですね!



緑色のひとが。

あごとあたまから何か出てます。



岡村さんは沢山の色を使いますね。

今回の作家さんたちの制作スタイルは、丁度半々でカラーとモノクロで分かれています。

おもしろい!



さあ、お客さんが見守るなか、そろそろ完成…



はい!仕上がりました!色がすごい。

やっぱりあたまとあごから出ているのが気になります。




側面にサインが入って完成!!

おつかれさまでした〜!




続いて西さん!



現役の学生!期待のホープ!

なにを描いてくれるのでしょうか!



「うーん、どうしよっかなー。」


て訳ではないんですか。えらい首が長いこちらも人ですね。



さあ、もくもくと描きます。

岡村さんの作品も横で見守っています。




ギャラリーも沢山います!

作品ができる過程が見えるのは貴重な体験です。



おお、真っ黒に塗りつぶしてます。

西さんの作品は、モノクロで制作されています。



あ、なんかタンクトップに文字書いてる!なんでしょう。



おおー、そうきたか。LOFTのタンクトップなんて、粋な計らい。

LOFTさんからしたら、嬉しいですね。

ちょっとツヤがあるのが気になります。


---------------------------------------------------------------------------------------------


続いて、14日の様子、いきたいと思います!

この日は前半がNAZEさん、後半が鮫島さんでした。



こちら、NAZEさん。
「ちょっと衣裳替えが。」


こうなって、


こうなる。なんでやねん!


いつのまにか作品が置かれている。
靴にもペイントされるんですね!


さあ、はじまりました。
すらすらっと滑らかにペンをはしらせます。


この日はKBSの取材もこられていて、NAZEさんもばっちり撮られています。


お客さんも集まってきました。
見た目が怪しいから、何描いてるのか余計きになるのかも。笑


お、だいぶ見えてきました。
NAZEさんもほとんど黒しか使いません。


はい、完成!
描き込みがすごい。2時間ぴったりで仕上がりました。


今日着ていたシャツに似てなくもない…。


後半からは鮫島さんです。が、


始まる前からこの人だかり。さめじーも作品も見えない…。



もう描き始めています。
黄色からはじまりました。LOFT意識?



少し考えながら、筆を進めていきます。
遠くに山のようなものが見える。



何度も重ねて重ねて、たまに消したり指でのばしてみたり、
仕上げにすごくこだわっていました。


はい、完成です!どこぞの楽園ですか。
さめじーの絵はいつもいい匂いがしてきそうなんですよね!


イベントの会期中は1階にて飾っていただきました。


こんなかんじで。



他の3人のは並んで。

他の作家さんの作品と並んだのをみると、
4人の作品は異質というか…いやー、やっぱいいな!と思いました。笑

出演していただいた皆さま、お疲れさまでした。ありがとうございました!
じつはこの4人で、今度は一緒にライペやろっか!という話が出ております。
年末ごろになりそうですが、また詳細が決まったらお知らせしますね!

----------------------------------------------------------------------------------------------

そんなこんなで、あっという間の約1ヶ月間!
今回のLOFTの出店は、自分たちとしては新しい出発というか、大きな意味があったので、
無事に終了してホッとしている反面、これからぐいぐいやっていくぞ!
という決意もみなぎっております。

会期中は度々LOFTに通っていたのですが、kara-Sショップでは見れない反応もあったり、
ディスプレイの面でも勉強になりました。

また、設置していたフライヤーを持ってkara-Sショップに来てくれたお客さんもいたり、
twitterのフォロワー数や、Facebookのいいね!が増えたり、
徐々に広まっていっているな、見てもらえてるな、というのも実感できました。

たくさんの作家さんにご協力いただいて、実現できた場所から、
また新しいお客さんに気づいてもらえて、

さらに、こちらからもそのお客さんたちを
面白い!可愛い!何これ!えー! 何でもいいのですが、
にゅっと心の隙間に入って、むずむずと心を動かすことができればいいな、と思っております!

ご協力いただいたみなさま、ほんとうにありがとうございました。
ZUURICHはこれからもっと成長していきます!
色んな人と沢山の楽しいことを作っていきたいと思いますので、
今後ともよろしくお願いいたしますー!!



【レポ】ZUURICH in京都ロフト終了しました!(その1:搬入編)

 


こんにちは! ZUURICHの佐藤です。


8月7日〜31日まで京都LOFTさんで開催された、

KYOTOクリエイターズUNIQUE×プレミアムショップ』が無事に終了いたしました!


ご協力いただいた作家の皆さま、関係者の方々、LOFTの方々、

そして、期間中お越しいただいた沢山のお客様、本当にありがとうございました!!


いやー、大変いい勉強になりました。

kara-Sショップとは違う空間で、しかも沢山の作家ものの中で、自分たちの色を出すことの難しさ。


でも、これは思ってた以上に見た目にも、お客さんにも伝わっていたようで、

LOFTに様子を見に行った際、「あれ?これって、ココンの中にあるとこちゃう?」

と気づいてくれるお客さんもチラホラ。


また、これに間に合わせるように準備した新ロゴのショップカードを大量に設置していたので、

LOFTに行ってから、kara-Sまで来てくださったお客さんも沢山いらっしゃいました。


何よりお客さんの「何これ〜!」と言いながら商品を手に取る姿がたくさん見られたので、

改めて、心動かせてるかも…!と久々に新鮮な手応えもありました。


では、ここからは、設営から撤収までの様子を写真で振返ってみたいと思います!



はい、こちらLOFTの搬入口。

左の女性が、今回アイロンビーズのディスプレイで大変お世話になった中澤さんです。

右の男性は後輩の繁田くん。搬入も撤収も助っ人で来てくれました。

ほんとうに心強い!感謝です!

えらく楽しそうですが、このときすでに結構キテるので、妙なテンション。



さあ、ようやく入れてもらえました!この2台がZUURICHのスペース!

業者のおじさんが、台をきれいにシートで覆ってくれています。

こういうのも勉強になりました。プロの技!



周りの個人の作家さんたちも設置しています。時間との戦いですね…

ZUURICHの新ロゴが入ったバネルも設置していただきました。




さあ、アイロンピースの設置開始です。

大量につくったパーツを組み合わせていきます。

1000粒入りの袋をまるで、袋菓子を空けるかのごとくばりばり空けまくって、

アイロンあてまくったパーツたち。

これはにはLOFTのスタッフさんたちもびっくり…




手前の丸い台に乗っているのは、中澤さんが作ってくれたZUURICHのロゴ。

裏は、ロゴマークになっています。

因に、この台はクルクル回っています。



こちらは、手前の台が低かったので、さらに上に什器を重ねるという

川良考案のディスプレイ。

安全面での心配がありましたが、業者の方々の知恵をお借りして実現できました!



ギョーザくんもスタンバイ。

相変わらずの安定感ですね。君らはどこでも生きていけるよ!

(因に、ギョーザストラップは納品分20個すべて完売しました!ありがとうございます。)



さあ、あとはアイロンビーズの台です!

見てください!

さっきまで他の作家さんたちがいたのに、誰もいない。


このときすでに1時ごろ。

いつもkara-Sでのディスプレイチェンジは徹夜での作業になるので、

そのテンションでいたらやっぱりダメでしたね…。

この日はここまでで、翌日の朝から作業させてもらえることに。


スタッフさんたちにも「ちょっとこだわりすぎ!」と言われてしまいました。

ご迷惑おかけして申し訳ない…。

また、「どう手伝ったらいいか、わからない。」とも。

そりゃそうでしょうね。笑




仕上がりはこんな感じになりました。

ホクロさんのたかしのレッスンバッグがひと際目を引きます。

表はTシャツやバッグ、ベルトなどの布系で大きめのものを。



そして、こちらのアイロンビーズの台には、細かいアクセサリー系のものを。

下の段には陶器の器やオブジェなどが並んでいます。



作家さんからお借りした什器もありますが、とってもポップで楽しい雰囲気になりました!




そして、見所のひとつであった、made by中澤さんのアイロンピーズでつくった作家名!

フォントのようにバランスがよくて、かわいい!



カタカナだって、漢字だって自由自在!!

隙間のところは透明のアイロンビーズで。なるほど〜!




はい、そんなこんなで何とか設営は間に合いました!ほー、ぎりぎりセーフ!

ギリギリでいつも生きていたい訳じゃありませんよ。


また期間中は沢山の作家さんによるライブペイントも開催されていて、

ZUURICH枠では、4名の作家さんに出演していただきました。


そちらのレポはその2へつづく!!



maワークショップ「フェルトでかたちあそび」レポ!!


こんにちはー!

今回は、先日8/18にkara-Sのスタジオスペースで開催された「ma」のワークショップのレポートをお届けします。

maはkara-Sショップ、ZUURICHオンラインショップでも商品をお取り扱いしている、
フェルトを主な素材としてハンドメイドでアクセサリーを作っている2人組ユニットです。
そして、僕とは大学時代の同期生で、今でも仲良くしていて、
この前は一緒にビアー片手にビリヤードしながらキャッキャしてました。

そんなmaのお二人は、、、こんな人たち。



この似顔絵うますぎるんです。作:かねとうかよこ(ma)。

今回のワークショップは、5名の方が参加してくださいました。

まずは、自由に型紙の上に点を打っていって、その点を線で繋ぐ。


そうして、できあがった形を切り抜いいた型紙を基本にして進めていきます。

用意されたたくさんフェルトから色を選んで、


切り抜いた型紙に沿って、切ったり、


貼ったり、


縫ったり、


みなさん真剣に黙々と、



悩んだら一緒に考えたり、


考えた形を完成させるのではなく、考えながら手を動かしてながら形を作ったり、
色を決めていくので、自分でも想像できなかったモノが完成するんですね。

そして完成しました、みなさんの作品!


↑ちょうちょみたいな!



↑ミントアイスみたいな!



↑お魚みたいな!



↑日本列島みたいな!!


↑筋斗雲みたいな!

ほぉ〜、どこかその人っぽい形や色になるんですね〜。

最後には、みんなで今日作ったアクセサリーを付けて、集合写真をパシャリ。


みんな素晴らしい笑顔!今回のワークショップ、大成功ですね!

maと「また、やりたいね!」って話していたので、
今回参加出来なかった方は是非次回ご参加くださいー♪

今回ワークショップをしてくれたmaの商品はコチラでもご購入いただけます。
正直、今は若干品薄ですが、またドドッと納品予定もありますのでお見逃しなく〜

それでは、皆さま大変不安定な気候ですが、
残りの2012夏、楽しんでいきましょー◎

ZUURICH 川良












「玉利タマリ消しゴムはんこだよ展・その5」終了しました!


 こんにちは!ZUURICHの佐藤です。


先日「玉利タマリの消しゴムはんこだよ展・その5」が無事に終了いたしました!

ご来場くださった皆さま、ありがとうございました!


今日はどのような展示になったか、改めて振り返ってみたいと思います。



こちら、今回の見所だった、ガラス面に押しまくった「あ」と「め」で

雨を表現しました!




向こう側に人が立って、傘をさすとあめに降られているように見えます!

おぉ〜!




そして、こちらの額に入った大きな作品3点。

たまりん曰く、消しはんを複数使って大きな作品を作ったのは初めてだったそうです。

不思議で、どこか懐かしくて暖かい。そんな世界観が素敵でした!




期間中、たまりんがその場で彫って完成されていく作品も。




始めは何もなかったパネルに次から次へと雨をテーマにした消しはんが

増えていく!




しかもそのはんこたちは、すぐに包まれ、店頭に出されます!はんこ即売会!

絶対に他ではあり得ない(笑)図案たちがお客さんの心をわしづかみでした。




イカの図案がなぜか多かった…



あまやどりちゃん

猫を両肩に2匹も!



なんで!?




こちらは、ラップに「じ」と「め」を押して、

じめじめの穴を作りました。すごい、じめじめしてる!



そして、会期中は消しはんのワークショップも開催しました!



たまりんが、彫りかたのコツを丁寧に教えてくれます。




紙も沢山用意しました!

何を作ろうか迷いますね!




インクもいろいろな種類があります。

布や木、金属や展示のようにガラスに押せるものまで!




完成した作品をちょっとご紹介。

こちらはスイカ!

多色刷りのようにするため、背景色とスイカの模様部分に分けて彫りました。

押してみると…



こんな感じ!!かわいい!

ラメラメしてますが、グラシン紙なので、普通のインクでは定着しにくい。

そこで今回、大活躍したのが…




エンボス加工です!

専用のパウダーを降って、




専用の高温のヒーターで少し熱すると、

パウダーが付いているところだけ、ぷっくりツヤツヤに仕上がります。




他にも素敵な作品が沢山できました!

中には、彫りたい図案をA4ペーパーに3枚分くらい描いてきてくれたお客様も!




一人で作業するのもいいけど、たまにはいろいろな人と交流しながら

もの作りするのも楽しいですよね!




佐藤も少しだけ参戦して作りました。

猫の目と鈴は金色のエンボスをかけています。

ちょっと箔押しみたいで、テンション上がりました!これはすごい!

ZUURICHの名刺はたまりんに作ってもらいました!

ロゴの再現力!!


因に、京都新聞にも写真付きで、ご紹介していただきましたよ〜!

http://www.kara-s.jp/news/20120702_tamaritamari.html


そんなこんなで、日々変化しながら1ヶ月間の展示を終えました。


以前から、たまりんの作品をもっと沢山の人に見てもらいたいと思っていたので、

今回、お店に来る年齢性別さまざまなお客さんに楽しんでいただけて、良かったです!


また、会期中限定だった、たまりんのらくがきはんこですが、

今後、商品展開していく予定です!お楽しみに〜!!










『ほっケース』ワークショップレポ

 こんにちは石部です。

前回の乙幡啓子「ゼンマイゼミ」ワークショップに引き続き、
2日目、乙幡啓子「ほっケース」ワークショップの模様をお伝えします。


こちらが只今在庫切れ続出の「ほっケース」
このホッケの柄のない白無地の型を好き勝手にペイントして自分だけのケースを作るという試みです。
この型はこの日のために乙幡さんが縫い合わせて準備していただいたものです。


この日は一人参加の方が多いためか、前日のガヤガヤした雰囲気とは違い、
シン・・と落ち着いた空気の中スタート。


乙幡さん。両面テープを手に今日の概要の説明をしています。
今日は布に描く用のペンと絵の具を用意しています。
デコレーションは前日にひきつづいたものを使います。



まずは慎重に型の観察から。
サンプルでほっケースの実物や、魚の資料写真も用意していますが、
特に魚にするというくくりはございません。



1匹で外側と内蔵側の2コマのストーリーが作れるわけですが、
さて皆さんどのようにとんちを働かせるのでしょうか。



可愛らしい、魚でしょうか。


魚ではなさげですね・・


おっと、気になる参考資料。
今大阪で行っている展示に行ってきたご様子で、とても良い展示だったようですよ。
(脱線)



この方は普段からも手芸をたしなまれておられるらしく、
唯一、布を切り貼りしておられました。
糸と針ではなく、糊で貼るというかなりお手軽さを感じられますね。


内蔵部分を黒く塗りつぶす。そうそれはもう魚ではなく。


何やら面白げな下書き。


別の意味で面白い下書き。


「ゼンマイゼミ」と違って皆さん悩みつつ、慎重に考えながら塗り貼りしている様子。
絵の具も使っていますので、乾燥時間も入りつつ、あっという間に2時間が経ちました。


完成した作品は一つずつ乙幡さんが紹介して講評を頂きます。
皆さん一つずつになるほどと感心。

ではご紹介していきましょう。


こちらは赤と黄色に分かれたきんめだいをイメージした作品。
目玉と縁取りにパールを散らしてゴージャス。
内蔵側はピンクの糸で骨を表現。
しかし魚の目がリアル。


こちらはご友人同士ご参加いただきました方のうちの一人。
ファスナーを開けるとそこは宇宙だった。
シンプルな外側と凝った内側のギャップが良いですね。


そして上のご友人のうちのもう一方。
なんと宇宙でかぶるという。とても気の合うお2方。
外側も薄い水彩風とこってり油絵風とで分けて塗る工夫も見られます。
ただ左側はなかなか乾きませんでしたね。


こちらは布を駆使して完成されましたお魚。
とても高クオリティ。民芸品のようです。
外側の裏表で表情とシェイプが変わる魚も面白いです。
内ポケット付き。


こちらもお魚。ポップな線でとても個性を感じます。
かと思えば内側がフレッシュなお肉!
骨抜きの霜降り肉ですね。魚ではありませんでした。


もともとはこの柄のための型だったと言われてもおかしくない出来映え。
ツタンカーメンのケースというか、棺です。
内側もニクい演出が。やられましたね。


こちらはまさかの自画像。
自分のメガネケースとして考えていたそうです。
内側のドットがとてもポップ。


こちらは可愛らしい魚と見えるや、内側は「真実を見つめる目」


また全て開いてしまうと魚が仮面に変身するという構造。


使い方はこのように。用途は不明です。


出来上がった作品は、専用の袋に入れてもって帰ります。
また今回はもう一つ作れよと、白無地の型をプレゼントしました。


みなさん他の方の作品も見つつ「ほお〜」「へえ〜」と感心しっぱなしの様子でした。
楽しんでいただけたようでほっとしました。

是非もう一つ、今度は時間に縛られずに思うままに作っていただければと思います。
または真っ白のまま取っておくのもレアかもしれませんね!


参加していただいた方々、また多大なご協力を頂いた乙幡さん、
本当に有り難うございました!!

いいよね!

| 1/4PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

profile







ブログランキング・にほんブログ村へ

search this site.