【ZUURICHショップin京都ロフト】作家&ブランド紹介その4(最終回)


こんにちはー。

いよいよ、今日を含めて残り6日間、31日の18時まで、期間大詰めとなりました、ZUURICHショップin京都ロフト!!

昨日は、18時頃からブースの前に立っていたのですが、
だるま商店の島さん、COMMONの谷口さんが見に来てくれました!(写真撮り忘れた、、、)
期間中は、たくさんのお客さんが見に来てくれているようで感謝感謝です。



そんなこんなで作家&ブランド紹介も本日がラストです。ラスト4組。
テキスタイルブランド、染色作家を中心に紹介していきます!!

=====

「 the teachers 」
布小物雑貨アーティスト。ミュージシャン。国内外で発見した楽しいカラフルな布達で作ったベルト・お財布・ポーチ等の小物雑貨をセレクトショップやブックショップ・ギャラリー等で展開したり、大好きなドローイングワークでタペストリーを作る毎日。可愛いではなく独自の手芸を目指す。持っているだけで心がワクワク元気になって少しニッコリ。そんなアイテム作りを心がけ日々布に向かう。



キマってる!無造作な感じ。



ポーチや、ペンケース、カードケースなどたくさん納品していただきました!


かっこいいな。そういえば最近「かわいいかっこいい」ってのが流行ってるらしいですよ。


ハンコ入れ。リップスティック等を入れても良いサイズです。


最近、the teachersの布雑貨に変わる主流商品になってきたアクリルアクセサリーも、ロフトで人気です。

=====

「 aosansyo 」
主にシルクスクリーン捺染を使った、オリジナルのテキスタイルとそこから展開した雑貨や衣服のブランドです。AOKI Mayumiがデザインから制作まで行っております。



aosansyoにしか出せないデザインとノイズ感。かっこいいな!




ブックカバーなのに、ガン見で覗き見。



ロフトでは墨染めトートバッグが大人気。写真より実物は大きく感じます!




Tシャツは、新作揃い。
特にミラーボールのデザインは青木さん自身気に入っているそうです。

=====

「 sometae 」
型染で手ぬぐいなどを染色しております。型染には色々な技法がありますが、私は捺染と言う技法で耐水性のある洋型紙に、作りたい柄をカッターナイフで切って型を作成し、切った部分に染料の入った色糊を置いて染めています。一枚一枚、手で染めており、ムラや、にじみや、かすれた部分もありますが、それも味だと思います。洗う事で色落ちしますが、使用するごとに風合いが出てくるので、お気に入りを見つけて愛着を持って末永く使っていただければ嬉しいです。




こけしてぬぐいSTAND!パッケージングは僕もアイデアを出させていただきました。
広げたら手ぬぐいです。ディスプレイもサマになる◎


よく見てください。「!マーク+うさぎ」!!


kara-Sでてぬぐい祭りをやった時のカラスの絵柄。どれも色合いが絶妙です。

=====

「 ヤブイヌ製作所 」
右近あかねによるテキスタイルブランド。チャーミングなイラストとシルクスクリーンを基本に、多彩な版画技術で、布の作品を制作している。現在も京都精華大学の大学院で研究に励みながら活動中。


新星、ヤブイヌ製作所、ホープ枠です。



この多色刷り!版ズレは愛嬌。なんならそれが良い感じ。




=====

今回の京都ロフトの出店は、全4回に渡って紹介したきた総勢16組の作家さんやブランドがいなければなし得れない事でした。京都、関西圏に絞ったセレクトでしたが、ロフトさんに置いてあるしっかりと製造された商品にも引けをとらない、異彩を放っている商品達を見ていると、これから僕らが進むべき道筋が見えたような(^^)

残り期間も短くなりましたが、みなさまぜひぜひお買い物の途中にでもフラっと寄っていただけると嬉しいです!

それでは、よろしくお願いします♪

ZUURICH 川良










 

  • 2012.08.26 Sunday
  • EVENT


calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

profile







ブログランキング・にほんブログ村へ

search this site.